平成23年12月30日金曜日

通りすがりにカーリーちゃん

この季節、気になるのがこの子です。

Image

今シーズンもけなげです。(涙)

iPhoneから送信

平成23年10月30日日曜日

平成23年10月5日水曜日

TOKYO CITY NIGHT VIEW | TIMELAPSE PHOTOGRAPHY

このビデオをYouTubeでチェック:


iPhoneから送信

平成23年10月4日火曜日

けんちゃん's Bar なう

けんちゃんと山形談義なり。
Untitled
iPhoneから送信

平成23年8月14日日曜日

はじめて食べる豆、「湯上がり美人」。なかなかです。ビールがすすみます。

Media_httpimagesinsta_avzdh

明鏡止水

送信者 月山山麓

地蔵沼は水鏡と化す。
水面に映る青空がゆっくりと流れる。
たゆたう時間。
エゾゼミの鳴き声。
小鳥のさえずり。
そして、時が止まる。

平成23年7月8日金曜日

平成23年7月1日金曜日

月山には残雪があります。

ジカジカと照りつける太陽。先日とは打って変わっていい天気なり。

Untitled

iPhoneから送信

平成23年6月22日水曜日

まじに、うまかばい!

♪長崎から舟に乗って山形に着いた。旬の山の幸、海の幸…のフレーズに誘われて、長崎チャンポンです。

Media_httpimagesinsta_fawqu

山形、暑いね。31℃の予報が出ているね。

Media_httpimagesinsta_wmthc

平成23年5月11日水曜日

平成23年5月5日木曜日

平成23年4月24日日曜日

防風林が…

防風林は倒されながらも残ってますが、家は一軒も残っていませんでした。天を仰ぐしか出来ませんでした。
Untitled
iPhoneから送信

平成23年4月19日火曜日

蠢く何か

寝ていると、背中の下で途方もなく巨大な何が蠢いている様な気がする。立っていても、時々大地の胎動のようなものを感じる。地震とは違う何かの気配のような、本能的に感じるものがある。
どこで何かあってもおかしくない今、自分の足元の土地への信頼が揺らぐ。

Untitled

被災地へ災害ボランティアに向かう。
iPhoneから送信

平成23年3月18日金曜日

平成23年3月11日金曜日

平成23年3月5日土曜日

ゲーハーネタで盛り上がる。

Untitled
iPhoneから送信

お客さん、いらっしゃい!

東京からひでおさん、まっちゃん、さおたんの三人です。
Untitled
囲炉裏を囲んでます。
iPhoneから送信

山形は

現在のところ晴れ間が見えてます。
雪は5センチぐらい積もったかな?
マイナス三度です。
Untitled
iPhoneから送信

平成23年2月23日水曜日

羽黒山来てみたけど…

こんなに雪が多いの?(汗)とりあえず、珈琲時間(^_^;)

iPhoneから送信

岩がガンガン落ちてきます

雪解けの合図だなぁ

iPhoneから送信

平成23年2月21日月曜日

こう天気がいいと

雪があっという間に消えちゃうね。
うれしいけど、困る面も…

iPhoneから送信

平成23年2月13日日曜日

まるでSilentGarden

まるで長屋さんの世界。やっぱりまだ降るのね。二月だから当たり前か。

iPhoneから送信

平成23年2月7日月曜日

Skyward the Spirit,Earthbound the Soul 「魂は空に 魄は地に」


帰宅したら、長屋さんからCDが届いていた。

待望の再販CDである。廃番になったCDが再版されるというのが奇跡的である昨今、大変うれしいことである。この調子で、「すべての美しい闇のために」も再販されて欲しい。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

そのCDを聴く前に、同封されていた手紙と写真を見ていた。


『(前略)
魂は空に、魄は地に

これは私の至上の呪文である。
やがて私のいのちが尽きて、虚空に霧散する時、叶うならば私の魂も天に帰り、
そして私の魄は一切の我執と苦悩と悲痛を解き放って、
水のひと雫のように、
雪のひとかけらのように、
この地に溶け込むように還ってほしいと思うのだ。

魂は空に、魄は地に

水のひと雫のように。雪のひとかけらのように。』

この人の魂魄は我々の次元の違うところにあり、私達が何を語ろうとも救えないところにあるように思えた。

恐らく、長屋さんの中には、暗くて美しい闇があり、そこには絶え間なく雪が降り続く。
そして、降り積もった一切の音を吸収する厳寒の中に、長屋さん自身が身を置いているのであろう。
長屋さんの闇と無音と極寒は、我々では考え及ばぬほど、深い。
そして、孤独だ。
ブラックホールのような空間を胸に秘めたまま、どこに向かっていくのだろうか?

.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

『音によって、音のない世界を表現すること」と定義づけられたこのCD。私も、長屋さんの無音の世界に引きずられたようである。
長屋さんには、出羽三山神社の中でも、「月山神社=月読命・阿弥陀如来の世界」がイメージ的には合うような気がした。

平成23年1月31日月曜日

雪国育ちですが、ここは…

南陽市辺りですが、雪が深い。住んでいるところよりもずっと。すごいね。

iPhoneから送信

平成23年1月28日金曜日

間もなく寒波が来るよ。

東北地方は,これから土日にかけて寒波が通過する模様。

iPhoneから送信

平成23年1月27日木曜日

ちーちゃん特製長崎皿うどん。

本場長崎の杉谷本舗さんから頂いた、ちーちゃんの実家からのおすそ分けです〜。食べるラー油かけても美味しいなり。

iPhoneから送信

マイナス5度の雪原

最低気温がマイナス10度の朝。8時を過ぎても気温が上がらない。

iPhoneから送信

平成23年1月23日日曜日

北のプラネタリウム

何年か前から一度行ってみたいと思っていた北海道のプラネタリウムのひとつです。
4〜5年前にプラネタリウム業界では超有名な大平さんがご自身のメガスターでないプラネタリウムでオーロラの映像でコラボした事もあるようです。
ここのプラネタリウムは、五藤光学のURANUS、全天周装置はコニカミノルタのSKYMAXだそうです。18メートルのドームでゆったりと見てきました。プログラムは、天文初心者向けでしたが、わかりやすい内容と聴きやすい男性ナレーションでよかったです。どのぐらい細かい表示が出来るのか、双眼鏡持って行くの忘れましたので、わかりませんが、さすがの解像度でした。
お約束ですが、ここのプラネタリウムで星々を見ながら『TINGARAのBGMがかかったらなぁ』と思いました。が、夢はかなわず。仕方がないので、こっそりイヤホンで聞きながら視聴しました(笑)やっぱり、いぃわぁTINGARA。ちなみに、『神々の時間』『六界の夜明け』『星月夜』あたりを聞いとりました。かってにプラネタリウムwithTINGARAのざぶんリポートでした。

iPhoneから送信

平成23年1月22日土曜日

もはや戦いです。

さすがに雪がこんなに積もると、雪国から飛び出したくなりますね(汗)

という事で、札幌への逃避行の旅〜。
さらに寒い国へ行ってどうするというツッコミは禁止!(^◇^;)
iPhoneから送信

平成23年1月21日金曜日

吹雪と太陽

左に行けば晴れ、右は吹雪。

iPhoneから送信

平成23年1月15日土曜日

ジビエ鍋

ジビエの真鴨をもらった。知人のお父さんが、鉄砲で狩ったそうだ。前処理してあるので助かります。今からきりたんぽ鍋になるところです。

iPhoneから送信

平成23年1月14日金曜日

今は穏やか。

最低気温マイナス9.6度だった今日、今は穏やかな風景が広がってます。
明後日、最強の寒波が来るらしいですが、お手並み拝見という所でしょうか?

iPhoneから送信

平成23年1月12日水曜日

雪おろししたのに…

雪がさらに降ってきます。(泣)

iPhoneから送信

平成23年1月11日火曜日

待ってました!

昨年、IslandGalleryでライブを観た長屋和哉さん情報です。

長屋和哉さんの絶版だったCDが再販されます。
『魂は空に 魄は地に』

もちろん、予約しました。まだまだすべてのアルバムをコンプリート出来ませんが、頑張ります(笑)『すべての美しい闇のために』も再販、よろしくお願いします。これを聞きながら、同名のエッセーをもう一度読みたいです。

ところで、
私の遙かなる妄想、
「月夜の下で心地良い音楽を聞きながら酒を呑む。春夏秋冬、花鳥風月」

この構想に、彼の曲も入ってます。(あ、もちろんTINGARAも外してませんよ:笑)
この構想にお付き合いいただける方募集中。


.。.:*・゜☆.。.:*・゜★.。.:* ☆.。.:*.。.
(以下、メールより抜粋)


2011年2月10日、多くの方よりリクエストをいただきながらしばらく絶版となっておりました長屋和哉のサードアルバム『魂は空に 魄は地に』が再版できることとなりました。

本作リリースから、ちょうど10年。その間、収録曲「かみくら」は、映画『地球交響曲第7番」のオープニング曲にもなりました。アルバムリリース2月10日に先立ち、1月10日より先行予約を開始いたします。

先行予約のご注文を頂いた方には、もれなく長屋和哉のサイン入りCDとメッセージを添えてお送りいたします。

『魂は空に 魄は地に』の詳しい情報は http://www.ame-ambient.com/news/soul.html に掲載されております。またCDお申し込みは同HP、http://www.ame-ambient.com/cd_shop.html よりお願いいたします。

平成23年1月7日金曜日

ただいま、ブリザード中

山形市内は天気良かったのに、寒河江にもどった途端、これだ…

iPhoneから送信

平成23年1月6日木曜日

はじめて冬に来ました

ひでおさん、すいません。良いです!雪の慈恩寺が、こんなにフォトジェニックだったとは!氷点下の山形より…

iPhoneから送信

やっぱり降るものは降るんです

「山形にしては正月は雪がなくて楽だね。」なんて言っていたのもつかの間、降るべきものが降ってきました。
朝、起きたら30センチの積雪。雪かきをさっそくしました。6時頃から小一時間ほどで終わりましたが、雪はさらに降ってきます。出かける8時頃には、はいた後に10センチぐらいもう積もっていました。山形の本格的な積雪はこれからです。

iPhoneから送信