平成19年9月30日日曜日

焼月

 

山から昇った月が焼けている。
これは、「仲秋の名月」の次の日の満月。
.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.
 


その日、嫁さんから携帯コールがありまして、
「月が変わっているから見てみて!」
と一方的にしゃべって切られちゃいました。

(つまり、カメラで撮れってこと?)
そんなに都合よくカメラがあるわけは・・・・
・・・・ありました(^^;車に乗ってます。

とりあえず、撮るのは、月を見てから考えることにして、
(どれどれ?)
と会社の外に出ましたが見えません。

もしかしてと思って、会社の二階の東の窓から見たら、ありました!真っ赤な月が。

(あれが髑髏マークなら、幻魔大戦のようだ・・・)

なんてことを思いながら、あわててカメラで撮影しました。

その頃、嫁さんは、子どもたちと外で見ていたそうです。
後から話をしたら、
「私たち、同じ月を見てたのねー!」
と後から奥様から言われました。
Posted by Picasa

2 件のコメント:

ちゅらスタ さんのコメント...

ををを、本当に赤く焼けているようですね。
きれい過ぎて怖いくらい。

ざぶん さんのコメント...

>Mikiさん
お約束通り、赤月載せましたよん。
しかし、赤い月は怖いというか、燃えるというか・・・やはり狼男(熊男という説もある(--;)の血でしょうかね。