平成20年9月17日水曜日

初秋、光と遊ぶ

暦の上では秋だけど、まだ夏の香りが抜け切らない休日の午後、カメラを持って野を散策した。
強い日差しの中、光で彩られる素敵な世界。これから実りの秋を告げるものたちは、豊穣の証である。

いつもだとTINGARAの曲を聴いて撮影するのだが、今回は「観音」(Knobさんから購入)を聞きながら撮影した。音楽を聴き、悦に入りながら撮影すると、普段の自分とは違う自分が顔出す。
TINGARAのひでおさんの言った「センスとセンスはつながっている」という言葉のとおりだろう。
時々、Chojiさんの目線を意識しつつ撮影する。
でもね、なかなか「変態」にはなれないっす。

 

↑光を浴びて、まるで太陽がフレアを出しているかのようなひまわり。(おそらく、ベルベットクィーン)

 

 

 
Posted by Picasa

↑茄子の花。秋茄子がおいしく実りますように。

↓洋種山牛蒡の実が赤づいてきた。綺麗だが有毒。
送信者 「晩夏」豊穣の秋に向かう頃

他の作品は、上の写真をクリック!

2 件のコメント:

ひでお さんのコメント...

いやいや、なかなかどうしてどうして。
いいショットがありますね。
ところで何だかいつもと色合いが違うなって思ったら NIKON D40なんだね。

NIKONに乗り換えたんですか?

Zabun さんのコメント...

>ひでおさん
さすがだぁ。すぐにばれておりますね。
先日東京に行った時に、CANONは修理に出しておりましたので、こちらを使いました。
実は、D40はあるコンテストで貰ったもので、CANONの40Dが貰えると思ってがんばったら、NIKONのD40でした・・・ややこしい(--;

メーカーによって考え方が違うので、色合いも風合いも違ったものがうつってきて、結構おもしろいです。
でも、レンズ操作とかCANONと真逆だったりするので、使いにくいですね。

KissDNは来週レンズとともに帰ってきますので、そしたらこのD40ちゃんは、業務用カメラまたは家族共用のカメラになります。

やっぱり、CANON50D欲しいなぁ。年越したら買おうかなぁ(嫁に殺されそうPart2)