平成19年8月18日土曜日

水郷の里の「花火の宴」

"花火の宴"

人々は、なぜ花火を見るのだろう。
人々は、なぜこんなにも花火が好きなんだろう?

花火は、色とりどりに次々とあげられる。
花火は、一瞬にして消え去る。

でも、この軌跡はいつまでもひとの目に残る。
はかない一瞬であっても、人の記憶には残る。

どんな形の、どんな色の、どんな大きさの
どんな音の、どんな花火が気に入った?

どんな気持ちでみるか?
どんな人とみるか?

それによって、見方も感じ方も違う。
だから、花火を何回もみるのだ。

また来年、今年と同じく、
はかなくもきれいに見えることを望む。

水郷の花火大会

0 件のコメント: