平成19年5月20日日曜日

風を表現する・・・「風の戦慄!」

風の戦慄(風を表現する)
出だしから、何かのパクリのタイトルみたいですいません(^^;
いいキャッチコピーが浮かばなかったもので(--;

現在、撮影の修行の身ですが、「風をどのように表現するか?」が今回のテーマです。
.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

遠くの山を撮っても、風がすごいという表現は難しく、そのため「前景」を入れるわけですがこれがむずかしい。
人がふっ飛ばされたり、物が飛んでくる場面を撮影できたら、雰囲気が出ると思いますが、それが撮れたら「読売写真大賞」に出しちゃいます(笑)
まぁ、今回はそれを上手に撮るための練習です。

「静止画で風を表現する」といっても、私のレベルでは、とてもむずかしいです。
というのは、シャッタースピードを上げると暗くなるし、何よりも時間が止まってしまったように写るので、スピード感が出ないときがあります。
逆にシャッタースピードをスローにすると、被写体ブレがはげしく、なんだかわからない映像になってしまいます。

今回は、風の強い日に、その実験をしてまいりました。
別に楽しい写真ではないので、期待しないでくださいね(爆)

2 件のコメント:

hideo さんのコメント...

なるほどなるほど。
でも、こうして実験していれば、そのうちに何か良い方法が見つかるかもしれませんね。

その時は、パクらせてもらいますよ。
ぶはは。

ざぶん さんのコメント...

いやいや、こちらこそ、hideoさんにヒントやインスピレーションかなりいただいてますから。(^^)

それ以上に、
創作意欲を煽ってもらってますんで。(^^;

今度は、マジックタイムの実験などもアップいたしますよん。