平成19年6月25日月曜日

初ボクネンズアート東京!

いやぁ。いつのまにか、「ボクネンズ凸凹ファンクラブ東北支部長」と「TINGARA山形広報部長」なる肩書きを拝命しております私です。

そういえば、どっぷり趣味の世界に入り込んで、TINGARAネタとボクネンズネタが疎かですね。
いろいろ語ることが多くて、まとめてからなんて思っていたんですが、いつになるかわからないので最近のネタを・・・

.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

ブログやミクシィで書いている通り、6月の中旬に大阪出張の帰り道を、グイッと曲げて東京経由で帰ることにして「ボクネンズアート東京」に初めて行く機会を作りました。(もちろん、他の仕事の用事も強引に作りましたよ:笑)


初めて行くボクネンズアート・・・有楽町のビックカメラを見学し、銀座経由で行くことにした。しかし、肝心の地図を忘れた(爆)案の定、道に不安になる。

そこは、現代人だから、携帯電話ですぐにMixiにアクセス。携帯で、日記に書き込みして、なんとなく「ヘルプオーラ」を出しまくって万が一に備える。(笑)


京橋入ったところで、とたんに不安になる。(東京バルバリの位置もわかならないなぁ。とりあえず時間も時間だし、今回はあきらめてボクネンズだ!)

そんなことを思いながらも、Mixiを開いたところ、なんとMikiさんのコメントが!しかも電話番号も書いてある・・・いつでも即TELできる・・・安心しました。(^^;

まっちゃんさんからの案内もあったセブンイレブンを頼りに、銀座方面から来て左折。

ちょっと、「ん?」と迷ったが、見たことある睦稔さんの作品の看板が!


地下をのぞくと、「あった!」思った通りのかわいらしいお店。入口には、一生懸命窓ガラスを拭く、とてもかわいらしいお嬢さんが!心のなかで(あ!さおたん!)と思ったのだが、はじめて会う人に「さおたん!」と声掛けるのも失礼だなぁと思った。ところで、さおたんは、さおりさんだっけ?さゆりさんだっけ?いや、それなら「さゆたん」だな。なんてことを思って、もじもじしていると(苦笑)、さおりさんから、「あぁぁ!ざぶんさんですね!私、さおりです!」と、先に明るく声をかけられてしまいました。

「はじめまして!」なんてよそよそしい挨拶をしながら、ドキドキして中に入りました。


生の睦稔さんの作品の数々をみて、「!」と絶句しました。心のなかでも「うわぁ!」とか、「うむぅ」とか「うひょー」とか声になってませんでしたね。


奥には、Mikiさんがおられました。噂には聞いておりましたが、凛々しいお姿でした。最近「ちゅらスタ」でお世話になってますので、そこはもう、すぐに意気投合、ゆあみさんと私が、遠い昔、親戚だったかもしれない話などで盛り上がったりしてました。しかし、最初は緊張しましたね。さおりさんもMikiさんも、毎日のように、ブログの世界ではあってるはずなのに、「はじめまして!」
お互いの事を、少し知っているのに、はにかんでしまいますね。(はにかみオヤジ)
汗も出てきました。ハンカチだして汗を拭いておりました(ハンカチオヤジ)

さて、正面のメイン作品は下記の写真にある三作品。




「珊瑚の園」、「東の緑門」、「(名前忘れてしまった!ビルと月!)」

これらの作品をずぅーっと見ておりました。やはり、メインだけの事はありますね。
でも、他にも「花火」や「林檎の花」なんか大好きですよ。
他にも、作品集をも眺めさせてもらいながら、(いいなぁ。いつかはオーナーに!)と思っていろいろと見てました。

その中でも、やはり「月夜の林檎」は格別です。私の田舎のイメージ(本当は青森なんでしょうけどね)とTINGARAの世界が両方あるなぁって感じるのです。(「星の夜」「星さやぐ」もいいですけどね)




また、次の日も懲りずに行ってしまいましたが、そのとき見た「やっとみつけたサクラガイ」は感動しました。お二人とも上手でグラグラきましたが、今回はオーナーにならずに来ました。


Mikiさんともお話したんですが、やはり一回目は、嫁さんと相談して買いたいなぁと思ったのです。

ちなみに、嫁さんと相談していろいろと「e美術館」を見たら、嫁さんの好みは、黄色やピンクが入っていないとだめだそうで、意見が合いませんなぁ(笑)
ただ、「赤とんぼ」(元気が出るオレンジだ!)や「今日の嬉しいこと」がお気に入りだそうで、iBOKUNENを聞いてないわりには、巷で話題のものにも反応してるなぁと感心しました(^^;

また、買ってきたプレアート「未来への航海」を見せて、これを職場の入口の西側(風水?)に飾るんだ、なんて話をしたり、「うちなー亭」の睦稔さんが出ている番組を見てもらったりして、ボクネンズの世界に引きずり込む画策をしたりと、涙ぐましい努力をしております。


さて、ボクネンズアート東京では、長話しただけでなく、プレアートやらTINGARAのCDを買ってきました。ここでしかもう買えないだろう「みるやかな DVD付!」「天河原」の2枚です。

本当は、ひでおさんがいたらサインでもしてもらうかなぁと思っていたのですが、ここ最近の忙しさをブログから感じておりましたので、そこは次回!ということで、「風の旋律」は買わずに来ました(汗)


でも、買った二枚は、宿に戻ってから、即パソコンからポータブルオーディオに落としました。


しかし、「縁は奇なり」・・・不思議な出会いですね。ヒーリングミュージックの出会いから丸六年、まさかこんな展開になるとは!


さらに、ジョー奥田氏、高橋全氏、ウォン・ウィン・ツァン氏も目の前を歩いてたりします。


でも、まだまだ、その先のドアを開けてない気がしますが、これから、私はそのドアを開けて一歩入れるのでしょうか?

まさに「さきよだ」に立つ自分がいるような気がします。

4 件のコメント:

miki@ボクネンズアート東京 さんのコメント...

おおおおっ、エントリーありがとうございます!!!
帰られた後、ザブンさんてほんといい人だったねーと、紗織ちゃんとしみじみと言い合っていました。美沙ちゃんに言うと、すごく会いたがっていました。みんなのザブン!まさにその通り~♪

saori さんのコメント...

素敵な臨場感あるレポートを
ありがとうございます!
また遊びに来てくださいね~☆

ざぶん さんのコメント...

>mikiさん
コメントありがとうございます!(^^)

いやぁ。ほんとは悪かもしれないですよ~(^^;
これからも、越後屋だとしてもよろしく~♪

そそ、美沙さんいなかったねぇ。hideoさんだけでなく、美沙さんにも会いに行かないとね!
今度、行った時にお会いしましょう。

ざぶん さんのコメント...

>さおりさん
いろいろ楽しかったですよ!
共通の話題があるっていいですよね!
また修行していきますよ。(^^;