平成20年7月11日金曜日

はなびで、社会貢献



線香花火も、刹那を切り撮ると、立派な花火になる。


少しスロー気味に撮ったら、たわしのようになった。でも、神々の目線で見ると、線香花火もかなり自己主張しているんだなぁって思った。


.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

今年初のざぶん家のはなび大会のはなし。

水曜日の日、子供たちが、
「花火をやりたい」
と言っていたので、私は、
「そのうちね」
と軽くあしらっていました。

が、二男は、
「今日やりたい!」
と、駄々をこねます。
「そうだ!そうだ!」
と長男は調子を合わせてきました。
「今日やるの!」
と三男。

そして、そのうちエスカレートしてきて、
「花火をさせろ!」
「花火させないと、暴れるぞ!」
と家庭内一揆が起こる寸前だったので、
「はい、はい」
と返事をさせられました。

それから間もなく、
「何時にやるの?」
とか聞いてくるので、
「ご飯食べたらね」
と丁寧に答えてましたが、すぐに、
「何時からするの?」
とまた別の息子が聞いてくる。だから、
「そうねだいたいね」
とか
「まだはやい」
とか言ってましたが、
「花火は八時にね!」
と子供たちに無理やり約束させられました。

で、肝心の場所ですが、「臭い」とか「煙たい」とか「うるさい」とか「危ない」とかの理由で、我が家の庭でなくて、家の前の歩道でやることになりました。
ある意味、我々ホタル族ですな。

で、我が家の息子たちだけでは危険なボーイズですから、私が保護者としてついたのですが、
案の定、「危ない!」の連発でした。(--;

「あぶないから、離れろ!」
「あぶないから、ローソクかこむな!」
「あぶないから、人に向けるな」
「あぶないから、下に向けろ」
「あぶないから、くっつくな」
「あぶないから、走るな」
「あぶないから、振り回すな」

みなさん、どんな状況か想像つくと思います(;一_一)

でも、交差点で止まる車のドライバーさんには、色とりどりの四本の手持ち花火は、きっと目の保養になったと思います。社会貢献という意味では、道行く人に、ひとときの安らぎを与えるざぶん家でした。
(本当は、ざぶん家、またバカなことを・・・と思ってるかも?)

0 件のコメント: