平成20年7月15日火曜日

アンビエントなギャラリートーク



私の敬愛する『TINGARA』は、アンビエントミュージック界の草分けであります。
最近では、TINGARAミュージックの特徴でもあった琉球旋律から離れたニューアルバム、組曲「命の森」(2008/8/7発売予定)を発表するなど、その曲調もさらにワールドワイドで地球規模なものに高めています。

さて、この「アンビエントミュージック」の定義は、かなりあいまいのような気がします。「アンビエントミュージック=環境音楽」という世間一般的な定義ばかりではなく、ブライアン・イーノが言う「意識しても聴けるが、無視しても聴ける音楽」ということを捉えると、アンビエントミュージックはイージーリスニングの類であり、ヒーリングミュージックとは重なるジャンルでもあります。
「意識しない」ということで聴ける音楽は、BGMとしては最適な部類であり、私自身、アンビエントミュージックを中心にプラネタリウムのBGMや診察のBGMなどをいろいろな方々に紹介しております。

そんなアンビエントミュージックですが、無意識で聴けるモノでありながら、グッと心が引き込まれる作品もかなりあります。聴いた後に、「この曲誰の作品?」と気になる感覚です。
そういった曲は、ユーザーが「癒し」や「リラクゼーション」などの目的で買い求め、それらが収録された「Feel」「Image」「Essence」などのコンピレーションアルバムを買った方も多いと思います。
そして、そのアルバムに収められたいろいろなアンビエントミュージシャンたちを知り、『ウォン・ウィン・ツァン』や『ジョー奥田/NSO』、『AndreGagnon』や『TINGARA』、『Adiemus』『Enigma』など、そのミュージシャンたちが奏でる世界観にさらに引き込まれるファンが生まれるのでしょう。

そんなアンビエントミュージックの中でも、ひと際個性的な音楽家達もいます。その中の一人が、『長屋和哉』氏です。スピリチャルミュージックに近いサウンドでもあり、とても澄んだ汚れない音を醸し出します。長屋氏は『TINGARA』のイシジマヒデオ氏の友人でもあります。そんなこともあり、注目すべきミュージシャンの一人となったのでした。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.


長屋和哉氏:
「ガイアシンフォニー第4番」「ガイアシンフォニー第5番」(監督・龍村仁)に楽曲を提供する、アンビエントミュージックの個性派ミュージシャン。おおたか静流(歌手)やスーザン・オズボーン(歌手)など、著名なミュージシャンとも共演している。ゴングやシンギングボウルなど金属製打楽器、揚琴などを使い、オリジナリティあふれるライブを行う。その音色は、高原の夜の空気のように澄んでおり、その旋律は切なく心の奥深くに浸みこむ。私は、長屋氏の作品を聴いて、「涼しく澄んだ空気の中、漆黒の闇の中に咲く鮮やかな蓮の花」をイメージした。孤独感と美しさと研ぎ澄まされた感性を感じたのである。TINGARAとはフィーチャリングも度々重ね、「うなさか」以降アルバムにも時々、そのサウンドを提供している。

最近では、UKのトランス系アルバム"Tranchillizer"にも"Naaga"という名前で参加し、"Pray"という曲を提供している。また、9月には、ディジュリドゥー奏者"Knob"氏と、八ヶ岳でライブをするということです。(TINGARAファンの方々なら、以前にTINGARAとコラボしたKnobさんはご存じの方も多いと思います。長屋氏同様、地球交響曲第六番に出演しています)
2007年11月には、長屋和哉氏のエッセイ集『すべての美しい闇のために』(春秋社刊) が発売されました。
http://www.ame-ambient.com/

.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.

その『長屋和哉』氏と『TINGARA』が、明治神宮にてトークライブをすることが決定されました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日 時:7月19日(土)15時~
場 所:明治神宮文化館 宝物展示室
料 金:展覧会への入場料のみ
ゲスト:イシジマヒデオ氏[TINGARA]

▼今後の予定
7月20日(日)15時~   iBOKUNEN公開収録(ボクネンズアート東京 さおりさん&さきさん)
7月21日(月・祝)15時~ 米盛つぐみさん(TINGARA)

<8月予告>
8月 2日(土)15時~   長屋和哉氏(音楽家・映画『地球交響曲第6番』出演) ※奉納演奏あり

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ぜひ、このアンビエントなミュージシャンたちの、アンビエントなギャラリートークを聞きに行ってみてはどうですか?

2 件のコメント:

つぐみ さんのコメント...

zabunさん、ご紹介ありがとうございますネ。
急に決まったギャラリートークですが、長屋さんも快く引き受けてくださったそうで、その日がすっごく楽しみです。

山形の赤い実、たっぷりつつかせていただきました。(^O^)鳥冥利に尽きまする。美味しかったです。ありがとうございました。

Zabun さんのコメント...

>つぐみさん
おぉ。無事赤い実が届きましたか!
それは良かったです。時期的に最後の赤い実でしたで、ラッキーでしたよん。

つぐみさんが、うれしそうに実をつつく様子が目に浮かびます(^^)

ところで、長屋さんのイメージとトークが結びつかないので、ほんとは実物を見たいんですけどね(汗)
なにせ、仕事がぁ~。