平成19年10月27日土曜日

紅葉狩り 後編

長男を、紅葉の感動でうならせたくなった私は、時計とにらめっこしながらもう少し、車で登ることにした。
道の崖の下では、紅葉と太陽の光のアンサンブルが奏でられている。


少し登ると、志津地区に着いた。月山の夏スキーのベースキャンプとなる民宿が軒を連ねている。
都会からスキーにきて、そのまま女将になった方々もいる。
だから、こんな山奥にいても言葉がきれいな人も多い。

その志津地区には五色沼という沼がある。月山と私達が前に昇った姥が岳が一望できる沼だ。
昔は、ボートもあって乗った記憶があるのだが、今はないようだ。
このあたりの民宿で、昼御飯として、山菜そばを頼むと山菜鍋に蕎麦をぶっ込むおいしいそばもある。

その、沼が見えてきた頃、私の口から
「うわぁ!すげっ!」
長男が
「何?何?」
「見てみろ!」
「すごい!」
長男が感嘆の声を上げた。
その沼のほとりに車を止め、二人はさっと車を降りた。
ふふふ。その時点で、私の勝ちだ。長男君(--)

私は、一心不乱に撮影を始めた。長男は、沼の鳥たちに興味をもったようだ。

長男に聞いた。
「すごいか?」
「すごい!」

「感動したか?」
「感動した!」

しかし、すごいね。これは、帰ったら嫁さんに怒られるなぁ。
(二人だけ、ずるい!)ってね。


下の写真の説明:
左の山が姥が岳。右が月山。

その姥が岳のズーム。森林限界と紅葉のグラデュエーションがきれいだ。時間があれば、あの紅葉のなかを歩きたいものだ。

更にズームすると、夏カップの写真を撮りに行った時に乗ったリフトが右上に見える。
紅葉のなかを家族でリフトに乗るのもいいなぁ。感動だろうなぁ。いいにゃー。

沼に浮かぶ祠。何を祭っているのだろうか?

月読みの命がいるといわれる月山の頂き。それを祀る石碑。

紅葉に溶け込む、なんかいい感じの夫婦。


とにかく感動の嵐。
そして、「親父の独り勝ちだ!」と勝ち誇る父に、
長男は
「腹減ったあ」
(がくっ!)

・・・
とりあえず、おやつに持ってきたホットケーキパンを渡した。
息子は、がつがつ食べている。よっぽどお腹がすいたのか?

そして、時間が来た。
「もう帰りたい」
息子もぐずりだした。

後ろ髪惹かれる思いで、志津を後にした。
またこんど、家族で、上まで登ろうな。
.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.
家に着いた。
嫁さんに怒られたのは言うまでもない。次男と三男にも非難を浴びた(笑)
でも、次男は誕生日だから、ウルトラマン人形のプレゼントで機嫌をとろうかな。

(おわり)
.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:* ☆.。.:*.。.
アルバムはこちら。

燃える月山

0 件のコメント: